診療内容
北区駒込駅近くの整形外科
診療時間
月・火・木・金曜日
午前 09:00〜12:30
午後 15:00〜18:30
水曜日
午前 09:00〜12:30
土曜日
午前 09:00〜13:30
休診日
日曜日・祝日
北区駒込駅近くの整形外科

最終更新:2017年9月12日

トップページ>>>診療内容

診療内容

できるだけわかりやすい説明で、患者様に「納得」していただける医療を行っていきます。

■このような症状があったら気軽にご相談ください

けが(骨折、脱臼、打撲、捻挫、きずなど)、交通事故、むち打ち、長く続く肩こり、五十肩、手があがらない、後ろに手がまわらない、肘の痛み、手のしびれ、こわばり、腱鞘炎、背中・肩の痛み、ぎっくり腰、坐骨神経痛、ひざの痛み、はれ、変形、外反母趾、爪のくい込みによる炎症、スポーツ障害・・腰痛、野球肘、野球肩、オスグット病、ジャンパー病、リウマチ、痛風、骨粗しょう症

整形外科

骨や関節の痛みを和らげる

整形外科疾患(外傷、骨折、リウマチ、腰痛、捻挫、打撲、膝の痛み、肩こり、神経痛、手足のしびれや痛み、交通事故)等を診療し、運動機能を回復させることを目指します。
治療においては薬物療法・注射療法・装具療法・リハビリ等を併用し、患者様の症状に合わせて組み合わせ治療を行い、病期に合った適切な治療を心がけております。早期の診断・治療が早期回復に繋がりますので、まずはご相談ください。

■薬物療法
消炎鎮痛剤、筋緊張緩和剤、骨粗しょう症治療薬、漢方薬など
■注射療法
関節内注射(ヒアルロン酸など)、トリガーポイント注射、ブロック注射(硬膜外、星状神経節、神経根など)、点滴など
■装具療法
コルセット、サポーター、足底板など


リウマチ科

痛みのない生活を目指す

リウマチとは、筋肉・関節・骨・腱・靭帯といった運動器に痛みが出る病気。一般的に「関節リウマチ」を指しております。進行すると関節が変形し、日常生活が大きく制限されます。
「リウマチだから多少痛むのはしょうがない」などとあきらめていませんか?
近年、新しいクスリが開発され、いまやリウマチは克服可能な疾患になってきました。当院では、最先端の治療薬である生物学的製剤を含む関節リウマチ治療に力を入れております。目標は痛みのない質の高い生活です。
一人一人症状も病気の進行度も異なりますので、気になる方やお困りの方はぜひご相談下さい。

リハビリテーション科

運動器リハビリテーション(T)を取得しております。

  ■物理療法
  物理療法とは、物理的な力を利用して行うリハビリ方法です。
  温熱・牽引・干渉波・ウォーターベッド等があり、痛みの軽減や柔軟性の改善
  などを目的に行います。

  ■運動療法
  運動療法とは、身体全体または一部を動かし、症状の軽減や機能回復を目指す
  リハビリの方法です。専属の理学療法士・作業療法士により実施し、筋力強化・
  関節可動域改善・柔軟性(ストレッチ)・バランス能力を改善させ、転倒予防・
  姿勢改善・スポーツパフォーマンス向上などに結び付けていきます。

このような症状があったら気軽にご相談ください